アボカドは食べる美容液

アボカド
アボカドが「森のバター」といわれることは、日本でも知られるようになりましたね。バターと聞くと、カロリーが高いからとらないほうがいいかな、などと思ったことがあるかもしれません。しかしアボカドは、美しくなりたかったらはずすことのできないスーパーフードなのです。

わさび醤油をかけて食べると、トロの刺身のようだといわれますが、その油分はオメガ9という良質なオイル。肌をふっくらと柔らかくする効果などがあり、どんどんとったほうがいいのです。また、ビタミンEが豊富なので、末端まで血行がよくなります。血良は女性にとって大敵です。冷え性が改善され、栄養が運ばれると、肌や髪の透明感と艶がアップします。そして、フルーツのアボカドは酵素をたっぷり含んでいるので、身体の働きを補ってくれます。食物繊維も豊富なので、腸内美化にも効果的。腸がきれいだと、免疫力がアップして健康にもいいのです。

食べる美容液ともいうべきアボカドですが、一回に半分ほどで十分効果があります。魚介類とサラダにしたり、おろしニンニク、刻んだトマトとディップにしたりと、お料理のレパートリーを増やして、食卓の定番にしましょう。トーストした全粒ライ麦パンに、マッシュしたアボカドをのせ、オリーブオイルと塩コショウでいただくのも美人レシピよ。

何を食べるか・食べないかで、シワやシミの数に差ができる。

シミができるいちばんの理由は紫外線だということは、もうみなさんご存知よね。日に当ない生活ができればいいけれど、それは無理というもの。もともと肌は、もっている機能が働いていればメラニンの沈着は起こらないようにできています。

メラニンの沈着を防ぐために、化粧品より効果的なのが、抗酸化成分の入った食べものをしっかりとることです。トマトのリコピン、にんじんのベータカロチンなど抗酸化物質は、強い紫外線から作物自身が自分の身を守るためにあるもの。だから、人がとっても紫外線に対抗してくれる力が強くなるというわけ。たっぷりとると、血中の抗酸化力が2~3パーセントもアップ。美容に効果絶大です。

同じ環境で暮らしていても、食べるもので、シミだらけの人とシミのない人とに分かれるのだとしたら、一食たりともおろそかにしたくないでしょう。同じことがシワにもいえます。良質な油分やたんぱく質をとっていると、シワができにくいのです。「いいものをとることで、シワやシミを防ぐことができますが、もっと有効で大事なのは、シワやシミの原因を作るものを食べないということ。白い砂糖や精製された穀物、そしてトランス脂肪酸のとりすぎが老化の速度を上げて、シワやシミを作ります。長い目で見ると、「何を食べないか」のほうが、肌の美しさに大きな差となって現れてくるのです。

イポのような小さなポツポツに悩んでいましたが、わらびはだのサイトを見て救われました。だってわらびはだを使えば、コンプレックスだったイポがポロポロ落ちたんですから…。自分史上最高の美人になれました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする